学会・セミナー発表

学会・セミナー発表、勉強会を通した研鑽

患者さまにご満足いただける治療をご提供するためには、さらなる知識や技術を求めて研鑽し続けることが欠かせません。当院院長藤岡は、学会や勉強会での「発表と議論」、最新の知識や技術を得られるセミナーへの参加をはじめ、よりよい治療を目指した取り組みに注力しています。

学会発表

臨床系学術大会「日本顎咬合学会学術大会」において、インプラント治療・審美治療のテーマを中心に過去7回の発表を行っています。また、2013年に開催された「第31回 日本顎咬合学会学術大会」においては、「歯茎移植により審美性・知覚過敏を改善した審美治療」のテーマ・症例において、「Award of the Best Presentation」を受賞しました。

ニチガク

ニチガク2

スタディーグループ・セミナー発表

スタディーグループ「SJCD」、大阪の歯科医院を中心に構成される「スタディーグループN.H.K」においても、症例発表やポスターセッションなどを行っています。

img_director01

img_director02

img_director03
スタディ・グループN.H.K

img_director04
藤岡による発表

セミナー・勉強会参加

歯科医療の世界においては、新たな治療技術や器材の開発が次々に行われています。ふじおか歯科では、「スタッフひとりひとりが自らの現状に慢心することなく、よりよい治療を求め常に挑戦する」という想いを胸に、ひとつでも多くのセミナー・勉強会に参加し、知識・技術を習得することを大切にしています。