歯ぎしり治療

痛みの原因は歯ぎしりかもしれません

マウスピース

歯の痛みでご来院くださる患者さまを診察すると、痛みを感じる場所にむし歯がなく、歯がすり減っているケースが見受けられます。このようなすり減りを伴う痛みの多くは、日中や就寝中の「歯ぎしり」が原因です。

歯ぎしりという行為はなかなか自覚することがないと思いますが、実は多くの方が無意識のうちに行っている行為です。また、歯ぎしりは食事をする際に歯にかかる力に比べ、より強い力がかかると言われており、歯への大きな負担はもちろん、顎関節にも負担がかかってしまう可能性があります。

このように、大きな負担がかかる歯ぎしりは、痛みに繋がるのみならず、歯を失う原因の一つにもなることから、早い段階で適切な対処を講ずることが大切です。

岡山市北区のふじおか歯科では、マウスピース(ナイトガード)を用いることで、歯ぎしりから歯を守る習慣づくりをお勧めしています。

歯ぎしりの影響を軽減するマウスピース

マウスピース

マウスピース装着

就寝時、プラスチック製のマウスピース(ナイトガード)を上の歯に装着していただくことで、歯ぎしりによる歯への負担を軽減することができます(歯よりも柔らかいマウスピースがクッションの役割を果たすことで、歯にかかる力を緩和することができます)。

また、マウスピース(ナイトガード)は上の歯すべてに被せるのではなく、上の10本の前歯だけに被さるように作成します。その結果、奥歯は上下で接触することがなく、歯ぎしりをしたり食いしばったりしても、奥歯に負荷がかかることがありません。

マウスピースを毎日の習慣に

これからマウスピース(ナイトガード)を検討される方は、装着すること自体に負担を感じられるかもしれません。しかし、就寝前にさっと装着し、起床後は外したマウスピース(ナイトガード)を水で洗うだけの習慣です。

就寝時においても、すぐに装着に慣れる方が多く、異物感が続くケースはさほど多くないように見受けられます。

たったこれだけの習慣で、歯ぎしりの負担から歯を守ることができます。また、歯ぎしりの音が気になる方は、マウスピース(ナイトガード)の装着によって、音の軽減も期待することができます。

多くの方が無意識のうちに行い、歯の痛みや喪失の原因になる歯ぎしり。歯ぎしりによるお悩みを解決することはもちろん、いつまでも健全な咀嚼を維持するにあたり、マウスピース(ナイトガード)による力のコントロールは重要な意味を持っています。