歯の折れ・欠け治療

破折・脱臼時の応急処置と治療

歯に強い衝撃を受け、破折(はせつ:歯が折れたり欠けたりすること)や歯の脱臼(だっきゅう:歯と骨の固定が外れてしまうこと)などが起こった場合、症状に応じた応急処置を行なったうえで、できるだけ早急に当院までお越しください。

歯が抜け落ちたら「牛乳に漬ける」

歯が折れると、歯は抜けずに位置がずれてしまうケースと、乳歯が抜けるように歯が抜け落ちてしまうケースがあります。

このような時に何よりも大切なことは、「歯を乾燥させない」こと。とくに歯が根っこから抜け落ちてしまった場合には、抜け落ちた歯を牛乳に漬け、早急に当院までご連絡ください(抜けた歯は牛乳に漬けたままお持ちください)。

すぐに牛乳に漬けることができない場合には、ひとまず抜け落ちた歯をご自身のお口の中に入れて乾燥を防ぐこともひとつの方法です。ただしこの方法は、お子さまのみならず大人でも歯を飲み込んでしまう可能性があるため、絶対に飲み込まないよう十分ご注意ください。

※応急処置にご不明点があれば、お気軽にお電話にてお尋ねください。

■どうして牛乳に漬けるの?

歯の破折

外傷で抜けた歯を再び元の位置に戻すためには、抜けた歯の根っこの周辺にある「歯根膜(しこんまく)」という細胞が生きていることが必要です。

この歯根膜は乾燥すると死んでしまうため、生理食塩水の成分に似た牛乳に漬けて、細胞が死んでしまうことを防ぎます。

抜け落ちがなければそのまま歯科医院へ

歯が抜け落ちず、位置がずれたり欠けたりした場合には、触ったりせず、そのままの状態で早急に当院までご連絡ください。歯が欠けた場合には、欠けた断片があれば、そのままの状態でご持参ください。

診察と治療

まずは、患者さまの歯や骨、歯茎などがどのような状態になっているかを正しく診察することが大切です。

当院では、レントゲンでの診察はもちろん、必要に応じて院内の歯科用CTを用いることで、目では見ることができない歯の根っこや骨の状態まで十分に診察し、症状に応じた治療を行います。

歯の破折と診察

歯が抜け落ちた場合の治療

抜け落ちた歯は、歯根膜が生きていれば、元の位置に埋め戻すことで、再び歯が定着することが期待できます。歯が抜け落ちた場合には、この方法を第一に考えます。

仮に、抜け落ちた歯が乾燥してしまったなどの理由から埋め戻すことが難しい場合には、機能性・審美性を回復するインプラント治療のほか、歯を失った場所、状態によっては、ご自身の親知らずを移植する治療などを検討することも可能です。

> インプラント治療ページを見る
> 歯の移植ページを見る

歯の抜け落ちがない場合の治療

歯そのものは折れておらず、めり込むような状態などの場合には、麻酔を行なったうえで、元の位置に戻す治療を行います。例えるならば、骨折した際の整復と同様の治療です。

なお、軽微なずれ・めり込みの場合、必ずしも治療を行うとは限らず、様子を見るケースもあります。これは、歯の周囲には歯周靭帯(ししゅうじんたい)という組織がありますが、これは言わば形状記憶のような組織であるため、一時的にめり込んでも、自然と治るケースがあるためです。

歯そのものに折れや割れが認められる場合には、割れや折れの場所によって治療が異なります。例えば根っこが割れてしまっている場合には抜歯が必要となるケースや、歯の神経に及ぶ欠けの場合には抜髄(ばつずい:神経を取り除くこと)が必要なケースもあります。

他方、歯の根っこや神経が無事で、歯のごく一部の欠けの場合には、欠けた部位の接着、詰めもの、クラウンの装着をはじめとする審美治療により、機能性・審美性を回復することができます。

> 審美治療のページを見る