インプラント治療

ゴールから逆算するインプラント治療

インプラント治療においては、インプラントの「適切な埋入(:埋め込むこと)」が大切であることは言うまでもありません。では、「適切な埋入」とはどのような埋入なのでしょうか。

インプラント治療は、治療後、1本1本の歯にかかる力が適切な状態、すなわち噛み合わせが適切な状態となるように治療を進めなければなりません。

この考え方に基づき、埋入するインプラントにおいても、力のかかり方を事前に詳細かつ丁寧に検討し、これを叶える場所・角度・深さに正確に埋入することが、当院の考える「適切な埋入」です。

岡山市北区のふじおか歯科では、「治療後に適切な噛み合わせができること」をゴールに設定し、ゴールから逆算した「適切な埋入」を大切にするインプラント治療を行っています。

低侵襲なインプラント治療の追求

インプラント治療と言うと、治療期間が長かったり、手術による痛みや腫れが大きいと想像されるかもしれません。

しかし現在では、できる限り治療期間を短くしたり、患者さまの体の負担をできる限り抑える「低侵襲な治療」がこれからのインプラント治療では大切です。

ふじおか歯科では、術後の治癒期間短縮に繋がる「歯茎を切開しないインプラント治療」や、抜歯・インプラント埋入を行なった当日から噛むことができる「抜歯即時インプラント埋入」をはじめ、患者さま一人ひとりに応じた「低侵襲なインプラント治療」を行っています。

歯茎を切開しないインプラント治療

従来のインプラント治療は、インプラントを埋入するために歯茎を切開し、骨を目で確認しながら埋入しなければなりませんでしたが、当院では「コンピュータガイドサージェリー」の活用により、歯茎を切開せず、適切な位置にインプラントを埋入することも可能です。

img_implant02

「コンピュータガイドサージェリー」は、院内に設置した歯科用CT画像から得られる口腔内の3次元情報をもとに、システム上で噛み合わせを確認した後、それを実現するインプラント埋入場所・角度・深さをシミュレーションするシステムです。

このシステムでは、シミュレーション結果に忠実なインプラント埋入を助ける「ガイドステント」を作成することができます。このガイドステントを用いると、歯茎を切開することなく、シミュレーション通りの場所・角度・深さにインプラントを埋入することが可能となり、歯茎の切開・縫合の必要がないことから、術後の痛みの低減や治癒期間の短縮にも繋がります。

ガイドステントガイドステント

ガイドサージェリー手術コンピュータガイドサージェリー術後口腔内

コンピューターガイドコンピュータ上でのシミュレーション

実際のインプラント埋入シミュレーション通りのインプラント埋入

抜歯即時インプラント埋入

抜歯後にインプラント治療を行う場合、従来は抜歯の治癒を待ったうえで、歯茎の切開・インプラント埋入・縫合を経て再び治癒を待つ考え方が一般的でした。しかし現在では、抜歯と同時にインプラントを埋入することも可能です。

抜歯即時インプラント埋入は、抜歯と埋入を1度の外科処置で行うことから、トータルの治療期間を大幅に短縮することが期待できるほか、抜歯後の治癒期間における歯茎の痩せを回避できることから、術後の審美性においてもメリットを有しています。

※診断の結果、抜歯即時インプラント埋入が難しい場合もあります。当院では十分な検査のもと、患者さまのご意向をふまえ、適切なインプラント治療の方法を患者さまと一緒に検討いたします。

インプラント知識と技術の追求

ふじおか歯科院長藤岡は、より良質な治療を求め、認定医資格の取得はもちろん、学会・勉強会における発表、最新の歯科医療の知識や技術を習得するセミナーなどに参加しています。

img_implant07

img_implant08

img_implant09

学会・セミナー発表ページもぜひご覧ください。