マウスピース矯正

アソアライナーとインビザライン

目立たないマウスピース(アライナー)矯正

歯の矯正といえば、金属製のワイヤーを長期にわたり装着する方法を想像される方が多いと思います。確かにこの矯正方法は難しい症例にも対応することが可能であるなど、現在においても歯列矯正の重要な選択肢のひとつですが、最近では、矯正治療の内容によっては、「マウスピース(アライナー)矯正」による治療も選択肢となっています。

当院ではワイヤー矯正に加え、透明で目立たず、ご自身で脱着できる2種類のマウスピース矯正(アソアライナー・インビザライン)を導入し、患者さまの症状・ご意向に応じた矯正治療をご提案しています。

マウスピース矯正は岡山市北区のふじおか歯科までお気軽にご相談ください。

マウスピース矯正

マウスピース矯正拡大

近くからでも目立ちにくい透明マウスピース矯正

インビザライン認定書

アソアライナー認定書

当院院長藤岡は、アソアライナー・インビザラインの公式認定ドクターを取得しています。

アソアライナーとインビザラインの共通点

一見同じように見えるアソアライナーとインビザライン。しかしこの両者は、マウスピース矯正として共通するところもあれば、治療の過程や適応できる症状など違う点も存在します。

これら2つのマウスピース矯正の共通点は、矯正治療が終了するまで、作成した複数のマウスピース(それぞれのマウスピースは、歯を動かすために少しずつ形状が異なります)を順番に装着する過程を通ります。

また、先のご案内のとおり、金属ワイヤー矯正と比較し透明なマウスピースゆえに目立ちにくいほか、金属アレルギーになる心配がない、むし歯になりにくい、従来の矯正方法と比べ痛みや違和感が少ないなどの利点があるとともに、マウスピースを外したい時には、ご来院いただくことなくご自身で簡単に取り外していただくことも可能です。

とはいえ、マウスピース矯正も金属ワイヤー矯正と同様、時間をかけて力を加え、歯の位置を動かしていくことに違いはありません。そのため、アソアライナーでは1日17時間以上、インビザラインでは1日22時間以上の装着が基本となります。しかし、双方ともさほど厚くないマウスピースであるため、会話なども普段通りに行え、就寝時においても歯ぎしり治療のマウスピース(ナイトガード)同様、飲み込んだりすることもなく、日常生活に大きな支障が生じることはありません。

インビザラインパック

アソアライナーパック

インビザライン (写真左)とアソアライナー (写真右)。

アソアライナーとインビザラインの違い

アソアライナー

アソアライナーは前歯のすきっ歯、軽度の重なりや振れなど、比較的軽度の矯正治療に適しています。

マウスピースの作成は、作成ごとに患者さまの歯型を取り、歯型から作成した模型上の歯を綺麗に並ぶ方向に動かし、それをもとに技工士がマウスピースを作成します。新しいマウスピースを装着した際にはきつさを感じますが、10日程度装着し続けるときつい感覚はなくなります(歯が移動するため)。そして状況を確認しながら再度歯型を取り、新しいマウスピースを作成・装着することを繰り返すことで治療を進めていきます。

アソアライナー術前

アソアライナー模型

術前の口腔内写真(写真左)の歯並びに対し、マウスピース矯正後の歯並びがどのようになるか(写真右)を事前にご確認いただきます。また、模型の製作により、治療に必要なマウスピースの枚数・治療期間・費用が明らかになります。

アソアライナー装着

アソアライナー脱着

ご自身で脱着いただいけ(写真左)、装着時も目立ちません(写真右)。

インビザライン

インビザラインはアソアライナーの適応範囲に加え、アタッチメントを利用することで歯の回転(ねじれ)なども治療することが可能です。

マウスピースの作成は、アソアライナーがマウスピースを作成するごとに歯型を取るに対し、インビザラインは最初に1度型取りをするだけで、その後の型取りは基本的に必要ありません。これは、最初に取った歯型をコンピュータ上に取り込み、システム上で進捗シミュレーションを行うことで、一度に一連のマウスピースを作成することができるためです。

このようにして完成したマウスピースはアソアライナー同様順番に装着し、一定期間が経過した後に新たなマウスピースに交換します。

インビザライン術前シミュレーション

インビザライン術後シミュレーション

システム上で治療計画のシミュレーション(クリンチェック)。術前の状態(画像左)と術後の状態(画像右)をご確認いただけます。

よりよい矯正方法を、患者さまと一緒に検討します

マウスピース矯正は、目立たない・取り外しが可能などのメリットによりご希望される患者さまが増えています。しかし、メリットだけに注目して治療を開始したものの、治療後にご希望の状態に至らなければ、それは患者さまをがっかりさせる結果に繋がります。

当院では、事前に十分な診査を行い、かつ患者さまのご意向に最大限配慮し、その双方から、よりよい矯正方法を患者さまと一緒に検討し、ご納得いただいたうえで治療を開始しています。

患者さまの視点からもお伝えします

当院院長藤岡は、自身の歯並びを透明マウスピース矯正(インビザライン )によって治療しています。

自らの歯並びを治療するために、自分自身が実際に透明マウスピース矯正を受けること、それは、歯科医師の視点から矯正治療の説明・治療をご提供するのみならず、自らが実際に経験した「患者さまの視点」を加味した説明や治療を行うことが可能となります。

歯科医師としての専門的視点と実際に治療を受けた患者さま視点双方から、矯正治療をご検討中の方をサポートする。それがふじおか歯科の透明マウスピース矯正です。

術前右

術前正面

術前左

院長藤岡の治療開始直後の歯並び状況です。当院にご来院された際には、透明マウスピース矯正(インビザライン )による歯並びの変化をぜひご自身の目でご確認ください。