歯肉移植・歯周治療

歯茎の痩せと歯肉移植

歯茎の痩せによって歯がしみる・見た目が気になる場合には、それらの症状を外科的処置によって治療するだけでなく、歯茎の痩せが生じた原因を明らかにし、再び同じ症状でお悩みにならないための対処まで考えることが大切です。

岡山市北区のふじおか歯科では、このような考え方に基づき、歯肉移植をはじめとする歯周治療にも取り組んでいます。

まずは歯茎の痩せの原因を考えましょう

歯茎が痩せる理由は様々です。例えば、歯が八重歯のように外側に生えている場合、その外側の歯茎は痩せやすくなります。また、肌が強い人と敏感な人がいるように、歯茎が敏感な患者さまは、強めの歯磨きで歯茎が痩せてしまうこともあります。さらに、噛み合わせによって力がかかっている歯の周囲も痩せやすい傾向があります。これに加え、歯茎の痩せは、これら原因が単独で作用しているケースもあれば、いくつかの原因が複合的に作用しているケースもあります。

なぜ歯茎の痩せが起こっているか、また今後どうすれば良いのかを考えなければ、いくら歯茎を移植してもまた痩せてしまいます。それゆえ、歯茎が敏感な方には正しいブラッシング指導を行ったり、噛み合わせの問題がある場合にはマウスピースを使って力の負担軽減を行うなども大切です。

当院では、歯茎の痩せの原因究明を起点に、今後のケアまでを含めた治療計画を立案し、歯肉移植や歯周治療を行なっています。

外科処置による改善

歯茎が痩せている場所に歯肉を移植する場合には、口腔内(上の前歯の裏側奥付近など)から、少しだけ歯肉を切除し(切除箇所は徐々に肉が盛り上がり、元の状態に回復します)、痩せが気になる場所に適合する形に整えたうえで移植します。

この際、拡大鏡を用いてできる限り繊細な処置を行うことで、審美性に優れた治療が実現するだけでなく、傷の治りも早くなります。

なお、歯肉移植は痩せた場所の歯茎が単に増えるだけではなく、歯茎の環境改善のメリットも期待できます。そのまま放置しておけば、どんどん薄くなってしまう歯茎も、厚い歯茎にしてあげることで、今後は歯茎が痩せにくくなる「耐性」を持つことが期待できます。

症例紹介

※法令改正により治療前後写真が掲載できないため、治療内容のみご紹介します。

 詳しい内容はカウンセリング時にご説明させていただきます。

歯肉移植により審美性・知覚過敏を改善した審美治療

歯茎の痩せにより、知覚過敏(歯がしみる)と見た目にお悩みでした。
ワックスアップを用い、事前に治療後の状態をご確認いただいた上で、上の前歯の裏側の歯肉を患部に移植し、知覚過敏と審美性を改善しました。