審美治療

「5つのポイント」を押さえた審美治療

img_sinbi01

img_sinbi02
治療の設計図となるワックスアップ(口腔模型)を作成し、治療後のイメージを患者さまと確認します。

img_sinbi03
治療後

審美治療は見た目だけの治療でないことをご存知でしょうか。

審美治療は、患者さまがご満足される
「審美性(見栄え)」を大前提に、

  • 「生物学的(体の組織に馴染むこと)」
  • 「構造的(丈夫で壊れないこと)」
  • 「機能的(しっかりと噛めること)」
  • 「永続的(長持ちすること)」

の各条件を全て満たすことが大切です。

当院では術前の充分な診査・診断をもとに、患者さまのワックスアップ(口腔模型)を作成し、それぞれの条件を満たす治療計画を作成するとともに、患者さまと一緒にワックスアップを確認することで、術後の状態を確認しながら治療を行います。

「歯を白く美しくしたい」、「歯茎の色や形が気になる」、「口を開けると銀歯が気になる」などでお困りの方は、お気軽に当院までご相談ください。

症例紹介

※法令改正により治療前後写真が掲載できないため、治療内容のみご紹介します。

 詳しい内容はカウンセリング時にご説明させていただきます。

ガミースマイル改善

歯が短いこと、笑った時に歯茎が見えすぎて目立つこと、歯茎の黒ずみが気になって来院されました。
診査の結果、歯の萌出不全のため、歯周外科(歯茎の外科処置)を行い、歯茎の黒ずみに対してはピーリング、形態不良の前歯の詰め物(レジン)に対しては歯を削らずダイレクトボンディング(レジン充填)にて治療しました。

※詳しくはガミースマイル治療のページをご覧ください。

ラミネート&ダイレクトボンディング

初診時、上の左右2番に矮小歯(生まれつき小さい歯が生えてくる歯の奇形)に対してレジンを貼り付けてありましたが、それが変色していました。また、左右1番の正中の隙間(すきっぱ)に対しても、無理やりレジン充填がされていました。
最初にホワイトニングを行ったうえで、左右2番に対してはラミネート、左右1番に対してはダイレクトボンディング(レジン充填)にて治療しています。

歯肉移植

歯茎のやせにより、見た目と知覚過敏に悩んでいらっしゃいました。
患者さまの歯茎を移植することにより、見た目と知覚過敏の双方を改善しました。

セラミック(1)

右上前歯の失活歯(神経が死んだ歯)をセラミックスクラウンで修復。右上側切歯は変色したレジン(樹脂)をきれいにつめかえました。
(歯科医療専門誌「QDT」掲載症例)

セラミック(2)

前歯のさし歯をきれいにされたいとご希望の患者さまに、歯茎のラインを美しく整えたうえで、セラミックスクラウンにて治療を行いました。