お知らせ詳細

当院の新型コロナウイルス感染予防 / 歯科治療と不要不急の外出をお悩みの患者さまへ

当院の感染予防対策について

当院では新型コロナウイルス感染予防のため、以下の取り組みを行っています。

・毎朝のスタッフの検温と健康調査の実施
・スタッフにおける手洗い・除菌・うがいのルール制定と徹底
・滅菌済み治療器具を患者さまごとに滅菌パックから取り出して使用
・患者さまごとに治療器具(お口に入るもの全て)を洗浄・滅菌
・使い捨て紙コップ・エプロン使用とグローブの患者さま毎交換
・次亜塩素酸による患者さまごとの診療チェアの消毒
・定期的な換気の実施

*当院は従来より、個室型診療室・一方向を向いた待合チェアにより、診療中の患者さまの接触や待合での対面を出来る限り少なくしています。

患者さまへのお願い

患者さまがご来院いただく際には、以下のご協力をお願いいたします。

・ご来院になる前に、必ず検温を行ってください。
・37.5℃以上の発熱、「味覚障害」「嗅覚障害」症状がある患者さまはご来院をお控えください。
・受付時、非接触型体温計による検温へのご協力をお願いしています。
・すべての患者さまに、うがい薬による治療前のうがいをお願いしています。

*発熱やのどの痛み、せき、息切れ、強いだるさ(倦怠感)などの症状がある方は、受付にその旨をお申し出ください。

診療ごとの入念な感染防止対策により、ご案内に少々お時間がかかる可能性がございます。何卒ご容赦くださいませ。

新型コロナウイルス感染が疑われる方へ

新型コロナウイルスの感染が疑われる方は、直接受診する前に、必ず最寄りの帰国者・接触者相談センターもしくは医療機関に電話で相談し、指示を受けていただきますよう、よろしくお願いいたします。

*帰国者・接触者相談センターのご相談対象となる方

・風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている方
 (解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)
・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある方

*高齢者や基礎疾患等のある方で、上記の状態が2日程続く場合は、かかりつけ医にご相談ください。

「歯科治療」と「不要不急の外出」にお悩みの患者さまへ

新型コロナウイルス感染防止に伴い、不要不急の外出を控える要請が実施されています。

歯科治療においては、早めの受診をお勧めする内容もあれば、延期しても問題ない治療もあります。

早めにお越しいただくべきか、それとも様子を見てもよいかをお悩みの場合には、お気軽に当院までお電話でご相談ください。

患者さまの症状によって異なりますが、例えば以下のような症状・状態の患者さまは、痛みが続いたり、症状が悪化する可能性があるため、早めの受診やご予約通りの受診をお勧めしています。

・現在治療途中の患者さま
・歯や歯ぐきに痛みを感じている方
・歯の被せ物や詰め物がとれてしまった方
・歯に外傷を負った方(歯を打って歯が曲がった、折れた、抜けた、痛いなど)
・歯ぐきから膿が出続けている方

繰り返しになりますが、ご不明点やご心配ごとがある時は、どうかお気軽にお電話にてお問い合わせください。