充実の医療設備

よりよい治療に貢献する医療設備

よりよい治療を求めるためには、知識や技術はもちろん、治療を助ける設備の充実も欠かすことができません。当院では、感染対策にこだわった滅菌設備、歯科用CT、コンピュータガイドサージェリーなどの医療設備を導入し、清潔な環境のもと、よりよい治療をご提供できるように努めています。

感染対策にこだわった滅菌設備

ふじおか歯科では、タービン(歯を削る器具)やバー(タービンの先端に装着する器具)をはじめ、使い捨て以外で患者さまのお口の中に入るもの全てを、クラスBに準じた滅菌器(オートクレーブ)にて高圧・高温滅菌しています。また、滅菌処理を終えた器具類はそれぞれパッキングのうえ保管し、患者さまの治療ごとに開封・使用しています。

滅菌器

滅菌器内側

歯科用CT

目で確認することができない患者さまの骨・歯の根の状態を3次元画像で確認できる「歯科用CT」を院内に導入し、正確な診断をスムーズに実施できる環境を整えています。

img_implant01

■ 親知らずの抜歯・治療へのCT活用

親知らずは神経に近いほか、歯茎の中に埋もれ目で確認することができない状態が多いため、必要に応じて歯科用CTを活用し、親知らずとその周辺の状態を把握したうえで治療を行います。

■ 根管治療へのCT活用

奥歯の根を治療する場合には、3本〜4本ある根のどの部分が悪くなっているかを正しく把握することが必要です。レントゲンによる確認では、根が重なって見えるため、悪くなっている場所・状態の把握が難しいケースもありましたが、歯科用CTを活用することで、どの根が悪くなっているか、治療で治る見込みがあるかを正しく診査することが可能となります。

■ 歯周病治療へのCT活用

歯周病は歯茎の病気と思われがちですが、実は歯を支える骨がなくなっていく疾患であり、歯茎の痩せや腫れ、ぐらつきなどは二次的な症状です。
このような歯周病の治療においても、歯科用CTの活用により、どの場所の骨がどの程度なくなっているかを正しく把握することができることから、適切な歯周病治療を行うことが可能になります。

■ インプラント治療へのCT活用

インプラント治療において欠かすことのできない骨の形状や厚み、神経の位置などの情報を正しく把握するため、またこれらを基にした治療計画の作成や埋入確認などにおいても、歯科用CTは欠かすことができません。
加えて当院では、CTにて取得した3次元情報を活用し、より適切かつ低侵襲なインプラント治療を実現する「コンピュータガイド(ガイデッドサージェリー)」の導入・活用も行なっています(下記参照)。

コンピューターガイド(ガイデッドサージェリー)

img_implant02

ふじおか歯科では、歯科用CTにて得られる口腔内の3次元データなどをコンピュータ上で組み合わせ、インプラント治療を様々な角度からシミュレーションし、適切な場所・角度・深さへのインプラント埋入を助ける「コンピュータガイデッドサージェリー」を導入しています。
(詳しくはふじおか歯科のインプラント治療をご覧ください)

>ふじおか歯科のインプラント治療