岡山市のふじおか歯科・矯正歯科。出来る限り痛くない歯医者、先端機器によるインプラント治療。

親知らずの抜歯・歯の移植

親知らずの状態は千差万別

並んだ歯の、一番奥に位置する親知らず。この4本の歯は、全て綺麗に生え揃っている方は比較的少なく、一本も見えない・親知らずの何本かだけ正常に生えている・斜めに生えている・親知らずの一部だけが顔を出している、といった方がほとんどです。このように親知らずの状態は、患者さま一人ひとりによってかなり異なります。

親知らずの抜歯・歯の移植イメージ01

親知らずの抜歯は必要なの?

年齢が20歳半ばを超え、ご自身で特に違和感がなかったり、歯医者で見てもらった時に、特に何も指摘されていなければ、すぐに何らかの対処が必要になるケースはさほど多くありません。

反対に、何か困りごとがある場合には、その困りごとがずっと続いたり、悪化する可能性もあるため、まずは歯医者にご相談いただくことをお勧めします。例えば日常生活の中で、親知らず周辺から痛みや圧迫感、違和感などを感じている場合や、中途半端に生えた親知らずに汚れがたまり、虫歯・歯周病・口臭などを引き起こしている場合など、何か気になることがある場合には、一度しっかりと歯医者で診てもらうことをお勧めします。

ふじおか歯科・矯正歯科では、親知らず箇所の目視・レントゲン画像での診察に加え、必要に応じ歯科用CT 画像も用いて、親知らずそのものと周囲の状態を丁寧に診査・診断し、治療が必要か否か、治療が必要な場合には、どのように治療を進めていくかを、患者さまのご意向を大切にしながら決定し、必要な処置にあたります。

失った奥歯に、
自らの歯(親知らず)を移植する

あまり知られていませんが、虫歯などで親知らず以外の奥歯を抜歯した場合、その欠損を補う方法として、入れ歯治療やインプラント治療などの他に、ご自身の親知らずを移植する方法(自家歯牙移植)を採用するケースがあります。

ただし歯の移植は、親知らずの状態や歯を失った場所などにより、移植が可能な場合とできない場合があります。詳しくは当院スタッフまでお気軽にご相談ください。

※自家歯牙移植は自由診療のため、公的医療保険が適用されません。

歯(親知らず)の
移植(自家歯牙移植)とは

親知らずの抜歯・歯の移植イメージ02

虫歯などで奥歯を抜かなければならなくなった場合、患者さまの親知らずを綺麗に抜歯し、歯を失った場所の骨を抜歯した親知らずに合致する状態に整えたうえで移植する治療方法です。

移植した親知らずは、数週間ワイヤーなどで周囲の歯と固定します。そうすることで、親知らずの根の細胞に、歯を失った場所の周囲にある骨や歯茎などが寄り付き、再び噛めるように固定されます。

当院では、歯の移植(自家歯牙移植)においても、事前に歯科用CTを用いた詳細な検査を行うことで、親知らずのサイズや移植先の抜歯穴の大きさを十分に確認したうえで移植治療を行っています。

歯の移植のメリットとデメリット

親知らずの抜歯・歯の移植イメージ03

歯の移植は、ご自身の歯で欠損を回復できるほか、インプラント治療と比べ治療費用を大きく抑えることができるなどのメリットがあります。

しかし、親知らずの根は、他の奥歯の根と比較すると頼りないことが否めません。また、一度抜歯をした親知らずであるため、神経が死んだ状態です。このため、移植後は問題がなくても、将来的には入れ歯やインプラントなどの再治療が必要になる可能性を念頭に置くことが必要です。

歯の移植を行うことで、インプラント治療を何年か(期間は患者さまにより大きく異なります)先延ばしにすることができることから、移植した歯に問題が起こらない間に、将来のインプラント治療の準備をするという考え方もあります。

他方、将来的にインプラント治療などを考えるのであれば、最初からインプラント治療を選択したほうが、トータルコストが安くなるという考え方もあります。

患者さまにとってのよりよい治療はどの方法か。私たちは患者さまのご意向を十分に伺ったうえで、年齢やお口の状態などを加味し、患者さまと一緒に治療方法を検討してまいります。

ふじおか歯科・矯正歯科への
ご予約・お問い合わせ