岡山市のふじおか歯科・矯正歯科。出来る限り痛くない歯医者、先端機器によるインプラント治療。

コラム

活動レポート

インプラント治療で使うドリルが「逆回転」になると…?

インプラント治療では、患者さまの骨にインプラントを埋め込みます。この時、インプラント治療専用のドリルを使用しますが、ドリルは一般的に正回転、すなわち時計回りに回転します。

 

すると、削れた骨は穴の外に排出されます。日曜大工の時、木材に電動ドリルやピンバイスで穴を開けると、らせん状のドリル歯の隙間から、木くずが外に出てくるシーンをイメージしていただくとわかりやすいかもしれません。

 

しかし、ここ最近では、「逆回転」のドリルを使ったインプラント治療が日本でも見られるようになってきました。

 

正回転・逆回転で一体何が違うの?と思われるかもしれませんが、逆回転のドリルを使うと、先にご紹介した、削れた骨が穴の外に排出されず、穴の奥に押し込まれていきます。すると、削られた骨が穴の奥で圧縮され、削りながら、固い骨がつくられることになり、インプラントをしっかりと固定することができるようになります。

 

Densah®Burと呼ばれるこのシステムを、日本でいち早く導入し、症例を蓄積してきた当院院長藤岡は、さる2021年4月21日、2名の歯科医師の先生とともにメガジェンジャパン社主催オンラインセミナーにて講師を務め、全国の歯科医師の先生方に、このシステムを用いた当院のインプラント治療を紹介しました。

 

メガジェンセミナー

 

当院では、いつまでもご自身のお口で美味しく食事をしていただける手段のひとつとして、よりよいインプラント治療の追求に日々取り組み、学会や専門誌における発表にも力を入れています。

 

岡山市でインプラント治療をご検討の方は、お気軽にふじおか歯科までご相談ください。

院内の設備

モニター式体温計・オゾンガス発生機を導入しました

新型コロナ感染防止対策

 

昨今では、さまざまな新型コロナウイルス感染予防アイテムが登場しています。

 

当院では、感染予防に繋がる新たなアイテムや設備を引き続き積極的に導入することで、患者さま・スタッフ双方の感染予防をさらに推し進めることを大切にしています。

今回は、2020年後半に導入した2つの設備をご紹介します。

 

■モニター式体温計

 

従来当院では、非接触型体温計にて検温をお願いしていましたが、モニター式体温計の導入により、患者さまご自身のペースで検温を行っていただけるようになりました。

既にカメラとモニターで計測を行う同種の体温計をお使いになった方もいらっしゃるかと思いますが、モニターに患者さまのお顔を合わせていただくと、瞬時に計測が完了し、体温が高い場合はアラートでお知らせします。

 

■オゾンガス発生機

 

あまり聞き慣れない名前かもしれませんが、その名の通り、オゾンによって菌やウイルスなどを強力に分解する装置で、全国500台以上の救急車にも搭載されています。

この装置が生成するオゾンは、新型コロナウイルスを不活化だけでなく、インフルエンザウイルスの不活化や結核菌の殺菌などの効果も確認されています。そのほかにも、臭いや花粉、PM2.5にも効果があることから、新型コロナウイルス感染予防のみならず、より快適な院内環境づくりにも繋がっています。

 

当院では、従来から徹底している治療器具・院内各所の滅菌や消毒、換気などに加え、これら新たな設備も活用し、新型コロナウイルス感染予防に取り組んでいます。

全身の健康
当院の治療

歯科医院での体成分分析と食事指導・運動指導

インボディ

 

体の部位別の筋肉量や構成成分などを測定することができるITO InBody370。医療設備紹介ページやインプラント治療のページでも紹介している装置ですが、この装置は食事指導や運動指導において大きく貢献してくれます。

 

どうして歯医者で食事指導や運動指導なの?と疑問に思われる方もいらっしゃるかと思いますが、一言で言えば、私たちは患者さまのお口だけでなく、全身の健康に貢献しなければならないと考えているからです。

 

噛めない状態が続いていた患者さまには、出来るだけ早く、噛める状態に治療することは当然ですが、それまでの偏った食習慣などによって全身の健康状態に問題が生じていないかをチェックし、仮に何らかの成分が不足している場合には、それを補う食事内容などをアドバイスし健康状態を改善することも大切です。

 

加えて、治療を終えて、それまで以上に噛めるようになった後、計測した数値をもとに、これからもっと健康な体になってもらうために、食事においてどのようなことに注意すべきか、またどのような運動を行うべきかをアドバイスことも大切です。そんなアドバイスを行うための基礎データの収集こそ、ITO InBodyを導入した目的です。

 

実際、歯科衛生士向けの専門誌や学会での議論内容を見ても、何年か前から、食事指導や食育を採り入れていくことがトレンドになりつつあります。しかし、それを実践している歯科医院は、まだ決して多くはありません。

 

治療中における全身の健康、そして治療後の全身の健康を考えながらお口の健康をお手伝いする、それがふじおか歯科・矯正歯科の取り組みです。

 

*測定してみたいけど、他人に体重や体脂肪を見せるのは抵抗がある/食事指導や運動指導は不要という方も大丈夫です。使い方だけお伝えしますので、あとはご自由にお使いいただき、画面に表示された測定結果をスマホで撮影いただければ、誰の目にも触れることはありません。

 

当院の治療
活動レポート

インプラント専門誌で当院症例が紹介されています

インプラントジャーナル

 

インプラント治療と言えば、失った歯を再建することがゴールと思われるかもしれません。しかし当院では、患者さまの体の負担を抑えたインプラント治療により、見た目が美しく、そしてなんでも噛める状態になることはスタート地点に立つことであり、その先の患者さまの健康を二人三脚で考え続けることまで大切にしなければならないと考えています。

 

当院のこのような考え方に基づくインプラント治療の症例が、インプラント治療の専門誌である「インプラントジャーナル」2020年82号において、17ページにわたり紹介されています。

 

例えば従来であれば、抜歯後にインプラントを埋入する場合、患部の回復を待ってからインプラント手術を行うことが一般的でしたが、当院では抜歯と同時にインプラントを埋入すること(抜歯即時)で治療までの期間を短縮することが可能です。

 

また、インプラント手術後は、インプラントと骨がくっつくまで待たされることが一般的でしたが、当院の術式であれば、インプラント手術を行ったその日のうちに、しっかりと噛んで食事をすること(即時荷重)も可能です(骨とインプラントの結合状況などにより、しっかりと噛めるまで時間がかかるケースもあります)。

 

このような体の負担や治療期間を最小限に抑えるほか、見た目の美しさにこだわることも大切です。びっくりされるかもしれませんが、当院では、歯茎の凹凸の美しさまでこだわるため、必要に応じ、インプラントを埋入する箇所に、ご自身の歯の根っこの一部をわざと残す「ルートメンブレンテクニック」という方法を用いることで、どこを見ても自然な仕上がりとなることを大切にしています。

 

さらにインプラント治療が終了した後は、定期検診でご来院いただくタイミングに合わせ、歯科医院での導入は未だ数少ない、スポーツジムなどに導入されているレベルの「高精度体成分分析装置」を用い、何でも食べられるようになった患者さまの体の状況の変化を追い続け、食事や筋肉バランスなどに関するアドバイスを行うなど、さらなる健康を目指した二人三脚のサポートを行っています。

 

インプラントジャーナルでは、おおむね上記の内容を軸に、歯科医師の先生に向けた詳細な治療方法などをご紹介しています。

 

歯を失ってしまい、毎日のお食事や会話にお困りの方、岡山でインプラントのセカンドオピニオンをご検討の方、インプラント治療を考えたいけれど怖いとお感じの方、ぜひ岡山市北区のふじおか歯科・矯正歯科にお悩みをご相談ください。

当院の治療

透明マウスピース矯正の実績が評価されました

インビザライン

 

透明のマウスピースを使った目立ちにくい矯正治療、インビザライン。目立ちにくいだけでなく、ご自身で取り外せ、毎日の歯磨きも行いやすいなどのメリットがあることから、当院においても、矯正治療をご希望される患者さまにはインビザラインをお勧めするケースが多くなっています(歯並びや治療内容により、従来のワイヤーによる矯正治療をお勧めするケースももちろんあります)。

 

上記の写真は、インビザラインを提供する企業の方が当院にご来院くださり、当院のこれまでの実績に対し、記念の盾をお持ちくださった時の写真です。この認定は世界共通の指標のもと、一定の実績以上でいただけるものです。

 

マウスピース矯正のページで詳しくご紹介していますが、当院は症例数や各種最新設備の特徴だけでなく、院長の藤岡自身もインビザラインにて歯並びの矯正を行ったことから、「歯科医師の立場と患者さまの立場双方の視点に立った治療」をご提供することが可能です。

 

また当院では、患者さまが気軽に、そして気楽に矯正治療をご相談いただけるよう、15分程度で矯正治療後の歯並びシミュレーションをご確認いただける環境も整えています(どなたでも無料でご確認いただけます)。

 

岡山で矯正治療をご検討の方は、岡山市北区のふじおか歯科・矯正歯科へお気軽にご相談ください。

その他

ホームページを刷新しました

2020年も残り少なくなってきた11月、当院の新しいホームページが完成しました。

 

たくさんの方がスマートフォンをお使いになるようになった今、当院のホームページも、これまで以上にスマートフォンからご覧・ご利用いただきやすいことを念頭に刷新しました。

 

新しいホームページでは、スマートフォン画面下部に常時Web予約・電話・アクセスボタンが表示され、それぞれいつでもワンクリックでご利用いただけます。

 

また、新たに設けたコラムのコーナーでは、私たちの医院内外での活動や、よりよい歯科治療を目指す取り組み、お口に関する情報など、幅広い情報を発信していくことを計画しています。

 

これからも、ふじおか歯科・矯正歯科をどうぞよろしくお願いいたします。

ふじおか歯科・矯正歯科への
ご予約・お問い合わせ